カウンセリングの重要性

ネット婚活では成し得ない仲人婚活の良さとは何でしょう。

ご存知の通り、ネット婚活は未婚者の3割を超える人に普及し、累計の登録者数は、ネット婚活の1つのサービスのみで600万人を超えています。それだけたくさんの人が登録して、婚活を実行しているにも関わらず、登録者数に応じた成婚者の増加は目に見える形で表れていません。その理由として考えられるのは、ネット婚活ではネット上での出会いのきっかけは与えられますが、その先は本人次第となっており、本人に出会いのきっかけを次のステップに進めていく技量があれば、次のステップに進み、お付き合いのステージに持ち込み、成婚という成果も得られるのかも知れませんが、中々うまくいっていないようです。背景には、交際経験のない、もしくは極めて少ない男女が、リアルな交際をしていくことができないでいる現実があるのではないでしょうか?

アニメやゲームの世界でのバーチャルな恋愛の経験とリアルな恋愛や交際とは勝手が違い、せっかくの出会いが苦い経験になってしまい、その後の恋愛や結婚観に悪い影響を及ぼしているのであれば、由々しき問題です。仲人婚活の大切な役割の1つは、こうしたバーチャルとリアルのギャップの悩みを本人の課題として気づきを与えることができるカウンセリングのプロが常にそばにいることです。

そういった重要な役割を果たすに際し、仲人は、きちんとした根拠に裏打ちされたカウンセリングの技術を身に着けておく必要があることは言うまでもありません。

マイクロカウンセリングとは、簡単に言ってしまえば、コミュニケーションの形のひとつひとつを「技法」と命名し、体系立て、目に見える形で習得できるようにしたものです。

マイクロカウンセリング技法では、相手に話させ、聴き、その結果、話を誘導することなく気づきを与えることができます。いつも行っている会員様に対するカウンセリングもこの技術を応用して、言葉の裏側にある本音や感情を探ることにより、より会員から信頼が得られ、結果、満足度の高いカウンセリングになるとの考えから、日本ブライダル連盟では2018年より、聴心館の協力のもと、特に婚活に特化した「マイクロカウンセリング技法をベースにしたカウンセリングメソッドの習得」を研修のカリキュラムとして取り入れています。

この研修は2018年度より、新規加盟の方は三次研修として受講いただいています。受講者は聴心館の「カウンセリング研修講座」の初級~中級過程を終了したことを認められ、聴心館より「聴心マイスター中級」の資格が授与されます。開業時に、カウンセリングメソッドを習得し、外部組織の資格取得も同時に可能となる日本ブライダル連盟の加盟者向けのサポートの1つです。