結婚相談所連盟の役割

結婚相談所を開業するにあたって、事業の成功の可能性を格段に向上させるポイントは言うまでもなく、結婚相談所の連盟組織に加入することであると思います。その理由を挙げればきりがありませんが、結婚相談事業を計画されている方、あるいは、やられている方が誰しもご納得頂けるのは、次の3つのポイントであろうかと思います。

その1
自相談所に会員がお1人でも入会されれば、お相手は連盟加盟の他の結婚相談所の会員から探すことができ、ビジネスの立ち上がりが非常に速い。

その2
開業に必要となる会員様との契約関連の書類等、専門的知識がないと作成しえない書面の提供を受けることができ、関連法規の遵守の為の知識は勿論、業界固有のルールの認知、お見合い時の仲人としてのルールの認知が簡単にできる。

その3
開業エリア内の仲間作りが可能となり、お相手探しが容易になることは勿論、共同での集客プロモーションの実施も可能に。

上記3つのポイントは、あくまでの自身の相談所に会員が入会され、活動をしていることが前提です。

一方で、結婚相談所開業者が、最も悩み、最も多くの時間とお金を費やすのは集客についてであることは言うまでもありません。集客がなければ、事業のスタートも切ることもできなければ、継続も難しいということになります。ご成婚に向けたカウンセリングは会員がいればこそのお話です。結婚相談所の運営は、集客に始まり、集客に終わると言っても過言ではありません。
日本ブライダル連盟(BIU)は、我々、結婚相談所連盟の最も重要な役割は、集客施策の展開にあたって個々の相談所では担うことができない、連盟本部にしか担うことのできない集客施策の一役を担うことが非常に重要であると考えています。そしてその考え方が日本ブライダル連盟(BIU)の他連盟組織にない大きな特長となっています。

結婚相談所連盟本部にしか担えない役割

他の連盟組織で、交際の進め方について加盟する結婚相談所の皆さんに定例会等でレクチャーがよくあるとお聞きします。そしてそのレクチャーの内容が連盟組織によって大きく異なるので困惑しているとも。内容が異なるのは、ある意味当たり前で、交際の進め方は、会員様やお相手の性格や恋愛傾向によって異なり、ノウハウレベルで話せば当然、異なってきます。カウンセリングはメソッドです。メソッドはケースバイケースで変わることはありません。

メソッドは学びさえすれば誰でも習得することができますが、経験談で学ぶことはできません。もしカウンセリングの領域で連盟本部が担う領域があるとすれば、それは、カウンセリングのメソッドの提供もしくはカウンセリングメソッドの習得チャンスの提供であると考えます。

連盟本部の担うべき役割の、最も大切なものは集客施策の実行にあたって、下記3点を実行することであると考えます。

1. システムやサイト構築といった大きなリスクを伴うものの構築、つまりリスクヘッジ
2. 顧客の変化を予測し、マーケティング施策への反映を行うこと
3. リーズナブルな顧客接点開発ツールの発掘と入手方法の構築

具体的には、下記具体策を提示、実行中です。

1. 婚活の扉ブログサイトの構築、フロント商品としてのプレ会員登録システムのネットクラブ内への構築
2. ネット婚活時代到来に向けたプレ会員登録システムの構築、シニア婚活隆盛時代に向けた、目指すべき
  ゴール設定の考え方の提示
3. 顧客接点開発、カウンセリングツールとしてのハートグラム、コーチングメソッド習得の為の恋愛診断
  等々