結婚相談所を始めたきっかけはなんですか?

私には大切な二人の子供がいます。下の子が小学校の高学年になり、子育て、家事にも少し、余裕ができました。

余裕によってうまれた細切れの時間でもできる仕事がないものかと探し始めた時に、

ふと求人広告で見つけたのが結婚相談業開設の文字でした。

学生時代から人と関わることが好きで、結婚してからも恋愛の相談、結婚生活の相談にのることも多かったので、

この仕事であれば、私がお役に立てることが多いのではないかと思いました。

そして、何より一番のきっかけは大切な友達に独身の子が何人かいまして、

その友達の大切な結婚のお手伝いができるという強い気持ちだったと思います。

その友達の一人は開業半年目で成婚退会をされました。ものすごく嬉しい瞬間でした。

 

BIUを選んだ理由は?

一番の理由はBIUが同業の他連盟とは一線を画して、仲人婚活を強く提唱していることでした。

私は友人はもとより、会員様になっていただける方のデータに見えないお人柄をお伝えできるような

サポートをしていきたいなと考えていましたので、マッチングアプリやデータ重視の結婚サポートサービスや連盟が目立つ中、

BIUが仲人婚活を推奨し、他連盟にあるような自社で相談所を運営されず(直営店を持たず)、

加盟仲人さん・相談所のサポートに徹しておられる点をお聞きして、私と同じ様な気持ちが強い仲人さんが多いのであろうと思いました。

また、私は主婦をしながらの開業になる訳ですので、加盟金に始まり、月会費、システム利用料などを

低く抑えられることもすごく重要なポイントでした。

現在、毎月の定例会開催など、実績のある先輩仲人さんから、直接お話を伺える機会も多く、

仲人初心者としてスタートした(開業した)私でも安心して会員様の婚活のサポートに専念することができる環境が整っております。

 

開業時に苦労した事はどんなことですか?

又、その問題をどのように乗り切ることができましたか?

お客様へ提供するサービスの適正な料金設定を見つけるのに試行錯誤しておりました。

価格が低いと集客はしやすいのですが、婚活への意識が低くなる。

価格を高めに設定すると入会される方は婚活への意識は高いですが、集客が難しくなる。

今は入会を迷われる場合は二つの価格帯を提示していくことでその問題を解決しています。

 

集客面、及びカウンセリング面で工夫している面(オリジナリティ)はどんなところでしょうか?

集客においての特徴は最初の入会に向けての面談時にあると思います。

『笑顔婚活』、『二人三脚』を活動モットーにしております。

その為にも、面談時はカウンセラーである私本人の自己開示から始まります。

そうすることでお相手も自然に自己開示をされ、短い時間にも関わらず、信頼をしっかりと築くことができ、

スムーズに明るい雰囲気で『入会』、『二人三脚』、『笑顔婚活』へと進んでいきます。

カウンセリングもこの延長にありますので、お互いを認め合う信頼関係をベースに、笑顔溢れ、楽しい婚活をサポートしております。

 

開業してよかったことはどんなところでしょうか?

主婦そして、母親という立場は家族にとって、とても大切だと思っています。

開業にあたって、不安ばかりでしたが、この仕事は家事、子育てをしながらの細切れの時間でも十分に活動ができ、

大切な会員様の大切な結婚のサポートができます。

主婦として、仲人として、まるで、二倍の人生を送れてるのではと思いながら、

充実した日々を過ごせています。思い切って、開業して、本当に良かったと思っています。

『会員様の成婚』という仲人としての最高の瞬間は、今までに経験したことのない喜びです。

 

これから結婚相談所の開業を考えている皆様へ

かつて私は学校を卒業して、就職はしましたが、他の友人達よりずいぶん早く結婚しました。働いていた期間が短いこともあって、働く上での一般常識のようなものにも疎いです。弊会という言葉も仲人さんに教えてもらったぐらいです。こんな私でも、独身の方の幸せな結婚へのサポートをしたいという気持ちだけでここまでやってこれました。
BIUには相談所運営のための十分なサポート体制、私のようなパソコン音痴でも使いやすいシステム、

そして、何より経験豊富な沢山の仲人さんからの応援があります。

不安な気持ちも十分わかります。BIUとそこに在籍する沢山の仲人さんを信じて、

ぜひ、仲人さんとしての第一歩を踏み出してみてください。

これからご開業をお考えの皆様にもぜひ会員様が成婚された時のあの感動を味わって頂きたいです。