「親が顔を見る度に『結婚しないの?』と聞いてきて煩わしい」

「兄弟や従妹はみんな結婚しているので、自分だけ独身でいるのは肩身が狭い」

といった悩みはよく耳にします。

確かに、なかなか良い人と出会う機会に恵まれなかったり、

婚活しているものの行き詰まっていたり、

自分なりに頑張っているのに親や親戚から結婚を催促されるのは鬱陶しいものです。

しかし何故そこまで煩いほどに結婚しろと言うのでしょう?

理由は色々あるかと思いますが、確かなことは、

あなた自身の幸せを願っての言動だということです。

「自分たち(親)が死んだあと一生独りきりでいるのは寂しいだろう」

「一人のままでは経済的にも厳しいのではないか」

「家庭を築く幸せを知ってほしい」などの理由で、

結婚を催促してしまう親は、事実とても多いのです。

それに、あまり年齢を重ねてしまうと、

身近な存在である親でさえも気を遣うようになり、

結婚の話に触れてこなくなるという話もよく聞きます。

結婚を心配されるうちが華、なのかもしれませんね。

そのような親の思いを汲み取り、あまり過剰に煙たがらずに、

これまでの出会いや婚活の進捗など、

気負わず話してみてはいかがでしょうか?

仲人へ連絡