婚活中、婚活パーティーや合コン、お見合いなどで、

結婚する相手に望む条件に該当しない人や、条件は合うのに

「なんとなくこの人じゃないな」という人と出会うこともあるでしょう。

そんな時、あなたはどうしていますか?

結婚に焦るあまり気持ちに余裕が持てないときなど、

「自分の希望通りの人じゃない」と気づいたとたん態度を変えたり、

サッとその場から離れてしまったり、

相手の気持ちを考えない反応をしてしまっていないでしょうか。

 

「結婚したいと思える相手を探しているのだから、それでいいじゃない?」

「気乗りしない相手と会話する時間があったら、ほかの人を探したい」

確かに、そのような考え方も一理あります。

でも、少し考えてみてください。

もしその近くで、あなたの条件にピッタリ合う

最良のパートナーになるかもしれないお相手が、

あなたのそんな態度を見ていたらどう思うでしょうか?

偶然にもその場面だけ見てしまった彼・彼女にとっては、

あなたの第一印象が悪くなるかもしれません。

そうすれば、あなたもそのお相手にとって

「この人だと思えない相手」になってしまうことだってあり得るのです。

「この人じゃない」と思った人と無理に会話をつなげたり、

一緒にいる時間を長くする必要はありません。

けれども、お相手に最後まで丁寧に接することは、

周囲の人たちから見たあなた自身の印象を良くして、

幸せな結果をもたらす可能性が高くなることもあるでしょう。

相手と視線を合わせて会話をする、声をかけてもらったり、

気遣ってもらえたことに素直に感謝の気持ちを表すなど…、

相手のためはもちろん、あなた自身のために、

些細なことから丁寧な対応を心がけてみてはいかがでしょうか。

仲人へ連絡