結婚生活を続けていると、

すれ違いや誤解、思い通りにならないことがよくあります。

ストレスや怒りを感じることも有ると思いますが、

思い通りにならない物事にどれくらい怒りを覚えるかというのは、

実は自分の怒りを考えるうえでとても重要です。

人生思い通りにならないのが「当たり前」と考えてみませんか。

どうなっても幸せを感じられるように解釈してみるのです。

「変えられないもの」にイライラせず、

今できることをして人生を楽しむのです。

仕事とは、人と人とのつながりで成り立っています。

本質的にはそこに上下はなく、

お互いを必要とするパートナーです。

相手のミスを起こるよりも、

「それではミスが起こる」と相手に共感し、

相手を導く寛容さが感動を生み、

味方やファンを作りることができます。

相手が時間に遅れた時もチャンスととらえ、

感動を与えるのです。

人の気持ちをつかむチャンスは、

ミスの中にこそあると考えてみましょう。

自分優先で考えず、全員が幸せになる方法を探してみましょう。

それが怒らない生き方へ近づく道です。

●怒ることによる4つのデメリット

1 怒ると人が離れていく

2 怒るとミスが増える

3 怒ると成長できない

4 怒ると健康に影響が出る。

怒りがなくなると、自由に生きられる。

「怒らない人生」の先にあるのが、自由でです。

「思考の檻」から抜け出すことで

自らの思うままにいくることができるようになるのです。

では怒がこみ上げたらどうするか。

3つの対象方法を紹介いたします。

①だいたい冷静になるのに3~5秒かかります。

だから10秒やり過ごしてみましょう。

例えば冷静になるための時間を仮設ため、

10まで数えてみてください。

②怒りの原因から距離を取ってみるため、その場から離れる。

③言葉で自分をなだめてみる。

ぜひ試してみてください。

今回参考にした本は、

「怒らない人の頭の中」 金川顕教著 サンライズパブリッシン

仲人へ連絡