男女の会員様を問わず、時々会員様からのご相談に、

メールやラインでの「お相手の返事が遅い」というご相談があります。

感触としましては、どんなに遅くても「翌日中には返事が欲しい」

というのが会員様の正直な本音なのだと思います。

 分かります、とてもよく分かります!

でも!どなたにも、たった一手間の作業が、

その日の内にはどうしてもできなかった経験はおありだと思います。

それは時間がなかったこともありますが、

主には精神的な余裕がなかったせいだと思います。

勿論、ご交際に入ったお二人には、それ以外の理由

(何となく返事をする気がしなかった。

何となく今回は、遅く返事をしてみたかった・・。

などの場合もあると思います(^^))

・・でも!あえてアドバイスをさせて頂くなら、

「もう一日待ってみてください!」というアドバイスです。

そう、はやる気持ちをもう一日だけ待ってみることで、

8割はお相手からのご返事があると、経験上、本当にそう思います。

どうしてもすぐに返事が必要な時や緊急の時は別としまして、

「もう一日待ってあげる」ことは、つまり、

お相手の気持ちのペースに添ってあげることに他ならないからなんです。

そして、待たせているお相手の方も、実は内心は、

早く返事をしないと、と思っていることが殆どだと思います。

そう思っているときに、あなたが催促めいたメールやラインを送った場合、

お相手は自責の念とともに、無意識レベルではありますが、

あなたに対して、微かな嫌悪感を覚えてしまうのです!!

(と、脅かしています)

 何でも早いほうがいいのかもしれません。

スピーディーであることは、仕事などでは、

それだけで本当に大きな価値なのだと思います。

でも、だからこそ、お二人の間には、仕事モードとは別世界の、

お二人だけの、本当に穏やかに、ゆったりと流れる時間が

ご必要なのでは?と思っています。

「待つことができる」のは婚活においては大きな力となって

頂けると思っています。

そしてまた、「お相手が自分の行動を待っていてくれた」ことは、

100%、ちゃんとお相手の心に届くことも、

経験上、本当にそうだと確信しています。

 つまり「待つこと」は結局は「お相手を大事にすること」なのだと思います。

お相手の気持ち、時間、体調など、その全てを心から大事に思うとき、

待っている時間は、待たされている時間ではなく、

綺麗ごとかもしれませんが、あなたも、

お相手とともにご一緒に過ごしている時間なのではないでしょうか?

 婚活は、時にはお辛いこともあるかと思いますが、

とてもお辛いときは、どうぞ、いつでもアドバイザーに

ご相談をしてくだされば!と思っています。

人は辛いことを言葉にして他の人に伝えるだけでも、

すぐにそれが解決できなくても、辛さを和らげることができるものなんです。

今日も明日も、明後日も、ご一緒にがんばってまいりましょう!!

仲人へ連絡