順調な交際を続けてそろそろ結婚したいな…と思っても、

彼からは結婚の話やプロポーズの気配すら感じられず、

女性は不安な気持ちになるという話しはよく聞きます。

また普段は何でも話せてとても仲の良いカップルであったり、

交際期間が長いカップルでも、一歩踏み込んで結婚の話を

相手に振るのはとても勇気がいること。

では、男性が結婚やプロポーズを意識するのは

どんな瞬間なのでしょう?

◆仕事が安定したとき

今の時代、共働きの家庭が多くなったとはいっても、

「自分が家族を養っていかなければ…」という

プレッシャーを感じる男性は多いようです。

仕事に自信を持てなかったり経済的に不安定があるときに、

彼女から結婚の話をされても、なかなか前向きに

なれるものではありません。

でもこれは結婚したくないというよりは、

結婚に対して真剣に考えているからであって、

相手を大切に思っている証拠なのです。

男性にもプライドがあります。

だから早く結婚したいと思っても

「私も働いているから大丈夫よ」などと言わずに、

彼が仕事に対して自信がもてるようになるまで

待ってみるといいかもしれません。

◆自分がピンチの時に精神的に支えてくれた

体調を崩して寝込んでいた時に彼女が献身的に看病してくれた、

身の周りの世話をしてくれたり、

消化に良い温かい食事を作ってくれた…

そんな経験をすると、急に結婚を意識するという男性は多いようです。

弱ったときに側に支えてくれる人がいるというのは

とても心強く、既婚者にとっても

「結婚してよかったな」と思うポイントです。

また身体的なピンチだけでなく、

対人関係のトラブルや仕事上でミスをして

精神的に弱っているときに、

そっと隣にいてくれ励まされると

「かけがえのない存在」だと再認識して、

プロポーズを決意するという人も多いのです。

◆友人の結婚式に参列、子供に会いに行ったとき

これは男性に限ったことではありませんが、

友人の結婚式に参列して幸せそうな二人の姿を見た時や、

友人に子供が生まれ温かい家庭の様子を見た時にも

「自分もそろそろ結婚して…」

などと想像を膨らませることがあるようです。

近しい人の幸せそうな姿は、結婚の良い刺激になりますね。

それまであまり現実的に考えていなかった結婚が、

周りに結婚する人が増えてくると

「自分も適齢期なのかも」と、

グッと意識し始めるという声もあります。

◆彼女からアクションがあった

意外と多いのが、女性からのアクションを

男性が待っているというケース。

プロポーズは自分からしたいと思っていても、

彼女も結婚を前向きに考えていて、

プロポーズされるを待っているという確信が欲しいという声や、

出産の年齢や子供のことを考えると仕事を頑張っている彼女に

結婚話を持ちかけていいのか迷ってしまう…という意見もあります。

女性と同じように、男性もなかなか結婚を言い出せずに

悩んでいるというパターンもあるようです。

先に言うのは勇気がいりますが、彼からアクションがない、

そろそろと思うのに遅い、と感じたら思い切って女性の方から

聞いてみるのもひとつの方法かもしれません。

いかがでしたか?

たとえ二人の関係が良好でも、長い期間お付き合いしていても、

結婚したいと思うタイミングが二人同時とは限りません。

一人で不安を抱え込まずに相手の様子を見つつ

少し待ってみるのがいいか、あるいは自分からアクションを起こすか、

冷静に判断できるといいですね。

仲人へ連絡