好みのタイプや理想の結婚相手はどんな人がいいですか?と聞かれたとき、

「互いに自然体でいられる人」「気を遣わなくていい人」という答える人は、性別を問わずとても多いです。

たしかに相手と一緒にいる時間、それが結婚生活を共にするとなると、

気を遣わず自然体でいられるというのはとても大切なことに思えます。

しかしその意味を履き違えるとただのワガママになってしまい、

理想の結婚相手を見つけるのが難しくなる可能性がありますので注意が必要です。

【自然体とは】

自然体でいるとは、気負いなく無理をしない状態でいられること。

一緒にいると何だか肩に力が入って無理をしてしまう・・・、会ったあとに疲れがドッと出てしまう・・・

当たり前ですが、そのような相手とは人間関係自体、長続きしないでしょう。

共に過ごす時間が心から楽しいと感じられホッとできる・・・、そんな相手が理想ですよね。

 

【相手も自然体でいられるか】

自然体でいられて気を遣わない良好な間柄というのは、互いが同じように感じることで成り立ちます。

そう感じているのは一方だけで、もしかしたら相手は「ワガママに付き合わされている」と

感じているかもしれません。

気を遣わない関係であっても、相手に対して「気を遣わせないという気遣い」があると良いのではないでしょうか。

気遣いをすることが苦ではない、自然と気遣いができる、そのような人が相性のいいパートナーなのだと思います。

例え恋人や家族でも、長年の友だちであっても、価値観や感覚が全く同じという人はいません。

お互いの気持ちや立場を考えることは、人間関係を築くうえで必要なこと。

「気を遣わない関係がいい」と言いながら、相手を思いやること、

気持ちを考えることを忘れてしまっては、ただのワガママです。

一方的に都合よくワガママ放題を聞いてくれるような人はいませんし、

もしそのような人がいたとしても、一緒にいて幸せなのかというとまた違うと思います。

「親しき中にも礼儀あり」という言葉があるように、

いくら親しい間柄であってもどんな態度をとってもいいというわけではないはずです。

一緒にいると居心地が良くホッとできる、相手を自然と思いやれる、そしてそれをお互い同じように感じている・・・

もしそんな相手が居たら、その人こそ生涯を共にできる大切なパートナーかもしれません。

「自然体でいられる人」を理想の相手として婚活をしているのであれば、

ご自身も「相手に自然体でいてもらえているだろうか?」と意識してみてください。

仲人へ連絡