恋愛するならどんな人としたいのか、結婚相手はどういう人がいいのかは、人それぞれ違います。

また、自分と似たタイプの人がいいのか、自分とは正反対のタイプの人がいいのか、

についても意見がハッキリ分かれるところでしょう。

恋愛、結婚するならどちらが良いのでしょうか?

【自分と似たタイプと恋愛・結婚するメリット】

・共通点が多いため、初対面から心的距離を縮めやすく、親しみを持ちやすい

・感覚のズレが少ないので、一緒に過ごしてもストレスを感じにくい

【自分と似たタイプと恋愛・結婚するデメリット】

・短所が似ているので、そこが目につくと自分のダメな部分を見ているようでイラだってしまう

自分と似ていないタイプと恋愛・結婚するメリット】

・自分にない感覚や性格を持っているので視野が広がり、新しい発見があったり、刺激が多くて楽しい

・自分に足りない部分を補ってもらえるような気持ちになり、相手に対して敬意を抱きやすい

【自分と似ていないタイプと恋愛・結婚するデメリット】

・自分が「普通」だと思っている常識や感覚的なものが違うので、

一緒に過ごしているとストレスを感じたりプニングが起きやすい。

これらはほんの一例ですが、両方にメリット・デメリットがありますね。

自分と似ていないタイプの人からの刺激は新鮮で魅力がありますが、その反面、

自分にとっての普通の間隔や当たり前に思っていることが通じない相手と時間を共にするのは、

ストレスに感じる可能性が大いにあります。

人それぞれの好みや、どのような恋愛・結婚をしたいのか、によっても違ってくるでしょう。

いずれにしても、大切なのは「相手を思いやる気持ち」です。

例えば、自分と似たタイプの相手とお付き合いして、何かトラブルが起きたとき

「自分にもこういうところがあるな…」

と、相手を理解し譲る気持ちを持てるようになれば、相手もあなたの寛大さに心を打たれて、

より愛情が深まる可能性もあります。

自分と違うタイプの人とお付き合いしてトラブルが起きたとき、

「なるほど、そういう考え方もあるんだな」

と、ひとまず受け入れることが出来るようになれば、問題は深刻化せずに済みます。

相手と良い関係を築きたいと思うならば、その人を受け入れる気持ちと思いやりを忘れないことが大切です。

それが、相手と良い関係を作る一番の近道になると思います。

仲人へ連絡