先日、2年ほど前にご成婚をしてくださいました男性会員様のJさんの

お母さまが遊びにきてくださいました。

Jさんはご入会自体が、最初は当会の広告をご覧くださって関心を持ってくださいました

お母さまの強いお奨めでのご入会でしたので、今回もお母さまがいらしてくださったのでした。

何故、Jさんご本人ではなく、お母様がいらしてくださったかと言いますと、

3ヶ月ほど前にお子様が誕生されて、そのご報告にいらしてくださったのですが、

当のJさんはご多忙で、いらっしゃれなかったという訳でした。

お母さまにとられましては初孫の男のお子様ということで、

「お礼を言いに来られずにはいられませんでした!」と言ってくださり、

上のようなお孫さんのお写真を見せてくださったという訳でした。

お話ししていましても、そのお喜びが身体中から溢れておられました。

育児も手伝っておられまして、その嬉しさと同時にその大変さも語っておられたのですが、

その大変さすらも、嬉しそうにお話ししておられたのがとても印象的でした。

大きな枠組みの中では、こうして本当に、私達の仕事は少子高齢化に貢献をしているのだとは

思いますが、実際のご自分のお子様が誕生される、実際の初めてのお孫さんがお産まれになるという、

その会員様の大きな喜びの中にこそ、どこかで人のお役に立てているのかな?

と実感させて頂いた瞬間でした。

 お孫さんの健やかなご成長と、御家族の皆様のご多幸を、改めて心よりお祈りしています。

本当にありがとうございました ♪

仲人へ連絡