最近の若い方たちは電話が苦手という人が多いみたいですね。

私が若い頃は、お付き合いしている人とのやり取りはもっぱら電話でしたが、

それからメールが普及し、今はもっとリアルタイムでやり取りできるラインの普及で、

電話もメールもあまり必要がなくなった、とも言えると思います。

たしかに電話は、相手の都合をお構いなしに自分の都合で掛ける感があり、

メールも返信がいつ来るかわからず一方的な感じがします。

けれどラインなら問題ないかと言うとそうでもない気がします。

なかなか既読にならず心配した経験って、誰にでもあるのではないでしょうか。

ましてや恋人同士だったら、「どうして見てくれないんだろう」「何をしているのかな?」

と既読になるまで心配し続けなければなりません。

やっと既読になったと思ったら、さらりと一言しか返ってこなくてまたがっかり・・・

結局、電話にしろメールにしろラインにしろ、やり取りしたい間隔(感覚)が

お互いに合っていないときついのかな、と思います。

頻繁に連絡を入れて、常に繋がっていたいタイプの人と、会っているとき以外は

あまり連絡も取らずひとりの時間を大切にする人とでは、お付き合いも難しい気がします。

その辺にズレを感じたら、まずは話し合い・・・お互いに好きなら相手に合わせることもできますよね?

でも、それがストレスになるようなら、無理をして付き合い続ける必要はないように思います。