東松島・石巻・登米地域の結婚相談所ブリッジハートのスタッフ佐藤です。

お見合いやデートではお相手とのコミュニケーションが大事です。会話がはずむコツを書いていこうと思います。

「会話は話し手の共感してほしいことに共感する。」

これができると、お相手は話す意欲を増してどんどん話してくれるようになります。

最初は話し手が共感してほしいポイントがどこにあるのか分からない場面も多いはずです。

話を聞く時は、話し手の声のトーンや表情、しぐさ等をきめ細かく観察しながら、話し手が

「どこを分かってほしいのか」を感じる必要があります。

観察するポイント

・話し手が口調を強めて言っているのはどこか。

・表情を変えたり、身ぶりが大きくなったりしたのはどこか。

この点を観察することで、共感してほしいポイントが分かってきます。

ポイントが分かったらそこに共感の言葉を伝えましょう。

共感の言葉で最も多く使われるのは「大変ですね」と「良かったですね」だと言われています。

共感が大事だからといって、何でもかんでも同じ言葉を言ってしまうと、言われたほうは

「本気で分かってくれてはいない」と受け取ってしまいます。

「大変ですね」「良かったですね」に代わる、バリエーション豊かな共感の言葉を使ったほうが、

話し手の喜びをより大きくします。

仲人へ連絡