婚約指輪や結婚指輪は、なぜ左手の薬指にするのかご存知ですか?

結婚すると、当然のように左手の薬指に指輪をはめていますね。

なぜその指につけるのか疑問に思うことはありませんか?

「そんなこと気にしたことない!」

という方も多いのではないでしょうか。

その理由については諸説あるようですが、中でも一番ロマンチックで興味深いのは、

古代ギリシャ時代の風習を起源とする説です。

その当時、心臓には「愛」を象徴するシンボル的な概念が存在していました。

現代でも心臓は「ハート」や「愛」を象徴しますね。

左手の薬指には太い血管が通っていて、それが心臓につながっていると信じられていました。

そのような大事な意味を持った左手の薬指に指輪をはめることで、愛し合う二人の心が

永遠につながるとされていたのです。

この言い伝えが元となり、その習わしが現代でも続いていると言われています。

左手薬指の指輪が「私は既婚者です」と単にアピールするためだけではなく、愛する人と心と心で

繋がっていること意味すると思うと、とてもロマンチックですよね。

今、婚活中の方は素敵なお相手とめぐり会って、深い愛情で結ばれた左手薬指の指輪を身につけられる日が、

一日も早く実現できるといいですね。婚活をお考えの方や、婚活で挫折してしまった方は、

ぜひお気軽にご相談にいらしてください。

仲人へ連絡