晩婚化で不妊に悩むカップルが増える中、婚前に「ブライダルチェク」を受ける人が増えています。
昨日の新聞の記事でそのことが掲載されていました。

「平均初産年齢」は30.1歳
(2011年)
「35歳以上の出産の割合」
11.9%(2000年)
24.7%(2011年)
「40歳以上では」
1.3%(2000年)
3.6%(2011年)

不妊は加齢によって生殖能力が低下するのも要因の一つです。

《結婚に適齢期はありませんが、妊娠・出産には適齢期があります。》

女性は25歳前後が女性ホルモン分泌量がピークなのです。
そして20代後半になると「卵子の老化」もはじまります。

男性も不妊症の起因を半数が占め、加齢は精子にもダメージを与えます。

そこで「ブライダルチェク」を受けるカップルが増加しているのです。

結婚に対して個々の「人生プラン」を認識することが大切です。
自身にとって「子供」をどう考えているのか?

自身の人生に子供と寄り添って家庭をと思うのであれば「結婚」を引き寄せましょう

「ブライダルサロン灯」があなたのご縁を引き寄せます。

人生の豊かな幸せを家族と過ごし、笑ったり泣いたりしながらステキな人生を過ごしましょう

仲人へ連絡