ネット婚活世代が結婚相手に求める条件

最近では婚活サービスでパートナーと出会って結婚している人が増加しています。婚活サービスを通じて出会った相手と結婚した人の割合は、4.7%(13年)→6.7%(14年)→8.3%(15年)→11.3%(16年)と急増(※)、16年現在、およそ9組に1組が婚活サービスを介して結婚した計算となっています。これに呼応するようにして「恋活サイト/アプリ」、「婚活サイト/アプリ」も、2.0%(13年)→4.5%(16年)と進捗しています。

 

オンラインで出会う人が増えているのは、ネットやアプリで提供されることよって、広く婚活者にサービスが認知され、間口が拡大したことがきっかけになっていることは間違いありません。しかし、それだけではないようです。

 

最近の婚活若年祖はご存知の通り、SNSの利用に抵抗がありません。今の2030代の人は、1516歳の多感な時期にmixiがスタートし、その後登場したFacebook(フェイスブック)Instagram(インスタグラム)なども当然のように利用しています。こうした若年層は、自分の情報をSNSに投稿し、ネットにさらけ出したりすることにも抵抗がありません。こうしたことから最近では、積極的に自分の「色」

をサービスにさらけ出して見せる、「お見せ合い」が出会いのチャンスを増やしているというのです。

 

例えば、合コンやパーティのようにリアルな出会いの場では、初対面の相手に対し、限られた時間の中で、年齢、見た目、仕事の内容、趣味など限定的な情報しか伝えられません。しかしながら、オンラインの出会いの場では、そうした情報以外にも「俳優になる夢をあきらめた過去」や、「実はコアなアニメオタク」など、自分の情報を余すことなく伝えられることがチャンスを創出しているようです。

かつて、結婚相手の条件は高収入、高学歴、高身長の3高でした。ところが今の婚活若年層の基準は、「自分に合うかどうか」に変わりつつあります。他人にどう見られるかではなく、今の自分の価値観を

変えずに気が合う人を探すという考え方に変化しつつあるといえます

 

こうした若年層の「お見せ合い」需要に対応するには、まずこれに対応できる内容の「プロフィールの充実」が必要となろうかと思います。これまでも仲人婚活では、会員のプロフィールの充実に力を入れてきましたが、あくまで3高を意識した、相対評価のベースとなるものでした。今後、ターゲットとするべき若年婚活層の獲得や、成婚率の上昇を狙う上で重要となるのは、会員本人の価値観を重視した絶対評価のベースとなるプロフィールづくりが必要となってくるのです。

 

こうしたプロフィールの変化によって、パーティなどのリアルな出会いに不足している部分が補完されれば、若年層の集客や成婚に対し、協力なサポートとなることでしょう。こうした意味で、現在のネット婚活の広がりや、ネット婚活の世界から新たに発信されるサービスやトレンドは、仲人婚活にとっても決して悪いことではありません。

 

日本ブライダル連盟では全国で開催する定例会で、将来に渡った集客を見据え、こうした婚活若年層獲得のための施策や、囲い込みの戦略を共有させて頂いております。これから開業をお考えの方はぜひご一報ください。

 

(※)婚姻年201315年のデータは婚活実態調査201616年のデータは婚活実態調査2017(いずれもリクルートブライダル総研調べ)より。13年は1742人、14年は1724人、15年は1717人、17年は1146人が対象

 

ご加盟・集客のご相談は下記まで。
株式会社日本ブライダル連盟 営業本部 担当:佐久間
TEL     :03-5332-6807
MAIL    :sakuma@biu.jp
LINE友だち追加 :https://line.me/R/ti/p/%40odr7206a