2018年は副業元年です。副業としての結婚相談所を検討してみませんか?

各企業が就業規則の参考としている、厚生労働省の「モデル就業規則」というものがあります。2018年1月31日に、この「モデル就業規則」が改正され、「副業・兼業」の項目が追加されました。ついに国が副業・兼業を正式に解禁しました。これが2018年は副業元年となるのではと言われる理由です。

この副業解禁の流れは、政府が主導する「働き方改革」の一環です。厚生労働省では「副業・兼業の促進に関するガイドライン」の中で、そのメリットを①離職せずとも別の仕事に就くことが可能となり、スキルや経験を得ることで、労働者が主体的にキャリアを形成することができる。②本業の所得を生かして、自分がやりたいことに挑戦でき、自己表現を追求することができる。③所得が増加する。④本業を続けつつ、よりリスクの小さい形で将来の起業・転職に向けた準備、試行ができる。の4つを上げています。

しかしながら一方で、これは「国による終身雇用制度の終焉宣言」と受け取ることができます。これまで日本の企業は終身雇用を守る努力をし、年功序列制度によって長く勤めていれば毎年昇給もありました。今こうした制度が、国のお墨付きを得て、なくなる方向に進み始めているのです。

現在、経済成長は緩やかなものになり、昇給が伸び悩むことで、サラリーマンの年収も年々減ってきています。一つの会社に勤めていても収入が増えないのであれば、今後は副業をしなければならない時代になっていくものと思われます。自分にはどんな副業ができるのか、何が必要なのか、真剣に考えるべき時になったと言えるのではないでしょうか。

副業を真剣にお考えであれば、日本ブライダル連盟にご相談ください。私たちには副業・兼業に最適な結婚相談所開設のためのメソッドと、集客のツール及びノウハウがあります。これまで数多くの開業をサポートしてきた経験豊富なスタッフが、あなたの開業を協力にバックアップいたします。

ご加盟のご相談は下記まで。

株式会社日本ブライダル連盟 営業本部 担当:佐久間

TEL     :03-5332-6807

MAIL    :sakuma@biu.jp

LINE友だち追加 :https://line.me/R/ti/p/%40odr7206a