副業としての結婚相談所の開業

日本商工会議所の調査では現在、全国の中小企業のうち約50%が人手不足に陥っているそうです。

現在企業では働きやすさなどの整備が遅れ、人が集まらないという問題を抱えているのです。
こうした人材不足の背景から、一部の企業では限られた人材の育成を目的に、社員に副業を推奨する企業が現れました。副業を通じて働く人の能力を十分に引き出すことが、日本経済や企業にとって人材の有効活用につながるとの考え方です。各社は、社員が本業だけでは得られない経験や人脈を、副業を通じて得ることで、技能を高めたり、士気向上につなげたりする効果を期待しているのです。

一方、企業側が期待する効果や、ご自身が自己啓発として納得のいく副業を考えたとき、職種は非常に限られるのではないでしょうか。副業が許可制であれば、スキルが生かせても同業他社では許可が難しいでしょうし、投資が必要ではリスクも大きくなってしまいます。

副業としての起業を考えるのであれば、結婚相談所はいかがでしょうか。電話とパソコンがあれば始められ、大きな投資も必要ありません。すぐに事業を始めることができる手軽さも魅力ですが、特にこの仕事は会員の抱える問題点や、かなえたい希望をよく聞き、相談にのって、お相手の相談室のカウンセラーとも連携を取りながら成婚へと導く仕事です。
昨今の仕事のコミュニケーションは、メールやSNSが中心か思いますが、この仕事で得られる人と人とのリアルな会話や、カウンセリングの基礎は、本業では得られない体験となり、企業が求める人材の質の向上にも大きく役立つのではないでしょうか。昔と異なり企業の賃金も伸び悩む中、収入増のメリットも期待できることは言うまでもありません。

このように、副業を社会が後押しし始めました。結婚相談所の開業に関しては、経験豊富な日本ブライダル連盟スタッフが強力にバックアップいたします。ぜひご検討ください。詳しいお話をさせていただきます。まずは下記までご連絡を。

ご加盟・集客のご相談は下記まで。
株式会社日本ブライダル連盟 営業本部 担当:佐久間
TEL     :03-5332-6807
MAIL    :sakuma@biu.jp
LINE友だち追加 :https://line.me/R/ti/p/%40odr7206a