安心・安全な相談室運営のために~行政との連携

日本ブライダル連盟も加盟しているJMIC(一般社団法人結婚相手紹介サービス協議会)では、定期的に、国民生活センターと結婚相手紹介サービスに対する消費者からのクレームについて、意見交換を行っています。これは、JMICに加盟している事業者と連盟団体が直接、国民生活センターの相談員から情報を得ることができる大変貴重な場となっています。

日本ブライダル連盟(BIU)は、毎回、本意見交換会に出席させていただいています。行政の意向を把握し、加盟相談所にとって不利益になることがないように、また、新たな規制の情報をいち早く加盟相談所に伝え、少なからず情報不足による不利益が生じないようにする為です。こういった地道な活動も連盟にとっては非常に重要な活動となります。

また、お客様から評価をいただくのは大変な苦労と努力が必要ですが、一方で悪い評価は、あっという間に拡がってしまいます。特に悪い評価の伝播について、その発信源が行政であった場合、取り返しのつかないことになり兼ねません。その可能性をなくし、加盟相談所に対するクレームを早期に把握し、適切に対処していくためにも行政とのパイプ作りは大切であると考えています。

トラブルを未然に防ぐ活動も重要です。BIUでは、JMIC主催の個人情報保護法に関するセミナーを活用し、多くの加盟相談所の皆様に個人情報保護に関する知識の習得を推進させていただきました。加盟相談所の、特に法律に対する理解の浸透と意識の高まりによって、お客様から見て信頼できる結婚相手紹介サービス事業者となるよう、合わせてサポートさせていただいています。