仲人は結婚に向けての決定打

確率論で言えば偶然の出会いからの結婚は難しいですよね。婚活の扉サイトでは、『仲人婚活』の良さを婚活者向けにPRさせていただいています。

【婚活の扉サイト ⇒ www.konkatsu-tobira.jp 】

効率よく結婚相手と巡り合う方法=『仲人婚活』

男女とも理想の相手と自然に出会い、引かれあうことを期待しがちだが、確率は極めて低いと言われています。

その確率は上図の算出により、0.24%しかない。これは毎週新しい異性1人に出会っても8年かかる計算になる。しかし、出会いの機会×交際成功率=結婚。成功率はほれさせる力やほれる力、結婚したいという強い気持ちで大きく変わってくる。だとするともう少し効率よく結婚相手と巡り合う方法を探したいものですよね。BIU日本ブライダル連盟では、効率よく結婚相手と巡り合う、有効な方法の1つは、間違いなく『仲人婚活』であるとPRさせていただいています。

<男性の場合の成功率を高めるためのポイント>

一般的に、ほれさせる力に改善の余地があり、中でも聞き上手になること。男性は目の前の女性が好みであるほど、自分自慢に走る傾向が強い。話しが盛り上がったと男性が感じるデートは、往々にして男性の言いたいことを一方的に聞かされて退屈だった、と女性は不満に感じているようです。聞くときには単にあいづちを打つだけでなく、相手の言葉を復唱したり、ときに深くうなずいたりし、聞いているよというサインをしっかり示すことが重要です。そして関心が一致する話題があれば、そこを深堀りする。例えば、料理が趣味と聞いたら、「どんな料理?いつ作る?どう作ればおいしい?」と4W1Hで聞こう。ここには「なぜ?」は入れません。なぜ作るの?と詰められても相手は困るだけです。

<女性の場合の成功率を高めるためのポイント>

女性は逆にほれる力に改善の余地があるようだ。女性は男性に収入、学歴ばかりか性格や物腰までAND条件(~かつ~、と複数同時に求めること)で要求する傾向が強いと言われています。それでは自分の間口を狭め、機会を減らすだけです。しかし多くの人が食わず嫌いしている中に良い相手を見出すことが成功への近道があり、その近道を見出す方法を婚活者に寄り添いながらアドバイスしていくのが仲人になります。

仲人の役割は大きく、結婚に向けては決定打になる可能性も

上記の成功率を高めるポイントは、第3者に指摘されないと中々気づけないポイントです。この第3者はご両親や友人では中々、素直に聞き入れることができなかったり、ご両親や友人ではそもそもこのポイントに気づくことができなかったりします。この第3者は、婚活者の結婚について真剣に悩んで、考えてくれる赤の他人、即ち仲人が最適なんです。これからの結婚の決定打は、婚活者の結婚について、真剣に考えてくれる赤の他人の存在でなないでしょうか。