変化に対応した結婚相談所経営

結婚相談所経営

マーケットの変化に対応していますか?、

BIU日本ブライダル連盟では、創業以来、登録いただいた会員様がご成婚いただくことを目指して、加盟相談所が活動していただけるように経営の中心を成婚有き、で提案させていただいてきました。これからも加盟の結婚相談所がお世話をする全ての会員様がご成婚できるように諸施策をご提案させていただくことには変わりはないのですが、一方で、成婚いただく為に敢えて成婚に依存しない結婚相談所の経営の在り方についても、今までの成婚有きのビジネスプランにオンする形で、改めてご提案する必要性を感じています。背景にあるのは、規制緩和に端を発した男性の収入の減少です。独身の男性が感じている結婚への不安の1つは、「自分の年収では結婚できないのではないか」ということ、そしてそんな不安を持った独身男性が成婚有きの結婚相談所への入会を躊躇する事が容易に想像できます。男性の収入の増加が儘ならない中で、女性の意識を変えていくことも含めて、「これからの婚活マーケットに対応した結婚相談所の経営の在り方について」が、BIU日本ブライダル連盟が今年2016年、最初に提案するテーマになります。これから結婚相談所を始められる方にとっては、商品ラインナップの拡充ということになろうかと思います。

30代の独身男性の年収300万円以下の人の割合は45%を超えるという調査データをご存知ですか?
そして、30代の男性独身者は、自分の年収では結婚できないのではないかと感じていることをご存知ですか?
この男女間の意識格差問題を解決する為には、仲人型の結婚相談所として、成婚有きの結婚相談所のビジネスモデルを変革していくことが求められています。

詳細については、加盟説明会で。