結婚相談所集客のために「2」

結婚相談所集客方法

ホームページを作ったら集客ができる&ブログやったら集客できる。←コレは15年以上前の話し。

今は、webサイトは「あるのが当たり前」の2015年~(ロボットが普及するまで)

そして、現在商売をしている全ての分野で躍起になる事柄は「売上直結」のwebサイト。アクセスしたお客がwebサイトを見てアクションして欲しいが本音。

この様な環境が劇的に変化したのは、アクセスチャネルは「Google、Yahoo!」だけではなくなったから。SNSも検索並に普及し、そのアクセスは検索サイトと使用比率は同じかそれ以上。

このことから「売る立場」はアクセスを待っているスタイルから、アクセスを取りに行くことも容易になったことが大きな変化。

「使う立場」は、より自分のライフスタイルにあった商品サービスを比較検討し、選べるチャネルも増えた。

結果的に、サービス利用や購入は価格と品質を自分の収支にマッチングさせ行動を起こす。売る立場・作る立場は「選ばれる側」にかわり、買う立場は、より豊かな消費行動が叶う構図になっている。

以上の「視点」や「概念」がない限りweb・SNSを使ってネット集客できる結婚相談所のホームページは出来上がることないに等しい。

これは選ばれる女性になるためには?というお見合のアドバイスをする結婚カウンセラーが、未だなない新規ユーザーに選ばれる結婚相談所になる秘訣。

そして、あいにくにも成婚という事に置き換えるなら結婚相談所のwebサイトを見たお客がアクションを起こすことと言える。

少子化対策に待ったなし!と言っていることと同じで、パソコンが、インターネットが、webがわからない、使えないと言っている結婚相談所の集客も待った無しである。

日に日にアクセスがあり一度見られて、比較検討されてアクションがないサイトを何年も晒していること、クリックもされもしないと検索評価かが下がり、表示ランクも下がり始める。