成婚の極意 パーティー編

「カウンセラーと婚活者=会員との関係性をどう構築するのか」このことは成婚に向けたお世話にとって大変重要な事項です

仲人型の結婚相談所が大手の結婚相談所と比較して、最も秀でているところは、カウンセラーと会員との間の関係性をカウンセラーなりのやり方で構築することができること、そしてそのことが婚活者の唯一の満足であるご成婚という成果に繋げることに大いに役立つということであると思います。この成婚にむけた適切な関係性の構築が、中々サラリーマン(ウーマン)であるカウンセラーには難しいのです。勿論、仲人型の結婚相談所のカウンセラーでも相談所を開業した当初はこのノウハウがわからないというのが一般的ですが、BIU日本ブライダル連盟では、この成婚の極意を「仲人婚活エキスパート資格取得研修」で習得いただいています。

たとえば、優秀なカウンセラーが会員向けパーティーの参加者に対して事前に行うこと

物事をどう捉え、どう自身の活動にプラスに変えていくことができるか、それを適切に会員に伝えていくことができるカウンセラーは、会員がパーティーに参加される前にもその関係性の構築を確実に実行しています。特に女性会員の場合、パーティー参加者に気に入った条件の男性会員がいらっしゃらなかった場合、パーティーの最後に提出いただくマッチングカード(パーティー終了後に一緒にお茶でも、というライトな感覚のご希望相手を書くカード)の提出にあたって、何も書かずに出される方が少なからずいらっしゃるのですが、優秀なカウンセラーは、事前にパーティー参加の注意点や心がけについて所属のパーティー参加会員にきちんと伝えています。「パーティーもいい経験、前向きな気持ちで参加すること」「選んでいただけることに感謝」、こういった心持を事前に伝えています、というよりそいったことを聞いてもらえる関係性を創り上げています。

優秀なカウンセラーにカウンセリングを受けた会員は、マッチングカードに誰も書かないで提出するということが、なくなってきます。無駄な出会いなんてない、と思えてくるんです。

パーティー終了後、カウンセラーにきちんと挨拶をして帰る会員

2015年11月1日に開催されたパーティーにも、所属会員との良好な関係性を構築している代表的なカウンセラーが参加していましたが、そのカウンセラーの所属会員はパーティー終了後、全員がきちんとカウンセラーのところまで来て、挨拶して退室していきます。見ていて大変、清々しい気持ちになりました。BIU日本ブライダル連盟では、こういった関係性を構築できるカウンセラーにお1人でも多くなっていただきたいと心から思っています。